Month: 6月 2012

ECcube CSVでの一括登録の方法。

 - by yuko

 

とりあえず、何か商品を一つ登録して見る。

それをとりあえずCSV出力すれば、CSVファイルの雛形が手に入るのでそれを元に、商品を埋めていく。

その中で、

eccubeで商品登録する場合、画像パスは

/html/upload/save_image

 

商品名.jpgなど画像名を統一していれば、エクセルを駆使し、ちゃちゃっと出来ます。

 


ECcube 2.12 静的化

 - by yuko

ECcubeでのhtaccessを利用した静的化の方法。

html/productsに.htaccessを追加

**************↓↓↓.htaccessの内容↓↓↓*****************

RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule ^detail([0-9]+).html+ detail.php?product_id=$1 [L]
RewriteRule ^list([0-9]+).html+ list.php?category_id=$1 [L]

**************↑↑↑.htaccessの内容↑↑↑*****************

 

これで静的かOK。

次に、各ページへのリンクの変更。

■カテゴリ→商品一覧へのリンク

a href=”<!–{$smarty.const.ROOT_URLPATH}–>products/list.php?category_id=<!–{$arrTree[cnt].category_id}–>”

↓↓↓↓↓

a href=”<!–{$smarty.const.ROOT_URLPATH}–>products/list<!–{$arrTree[cnt].category_id}–>.html”

■商品一覧→商品詳細へのリンク

(ページ編集から商品一覧、他おすすめ商品など。こちらも他に色々あるかもです。)

a href=”<!–{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}–><!–{$arrProduct.product_id|u}–>”

↓↓↓↓↓

a href=”<!–{$smarty.const.ROOT_URLPATH}–>products/detail<!–{$arrProduct.product_id|u}–>.html”

 

リンクの変更はその都度見つけ次第という形で進めてください。